通行掘削の承諾について

こんにちは。タチミエでございます。

今日は実際に【はたらくおうち】のオーナーとしての出来事でございます。

このブログでも近隣トラブルを赤裸々に書いております。

 

我が家は私道の一番奥にあるのですが、私道は持ち分があり、8軒で持っております。

今回、私のところに土地家屋調査士が通行掘削の承諾をしてほしいと来ました。

理由は入り口から2軒目の方が亡くなって、娘さんが相続をしたようです。

その家は築50年ぐらいは経っているだろう家屋。。。お父様が一人で住んでいて、民生委員の方や

老人ホームの方がケアのために出入りをしておりました。近隣の人たちはその方の事を

変人だとか頭がおかしいだとか。。。言っておりましたが、そうではなく身体が不自由で

話すこともままならなかったのです。。。

我が家の両サイドの家が騒いでおりましたが、今では両サイドの家も静かになっております。

普通だったら通行掘削の承諾もお互い様なので気持ちよく印を押してあげたいという気持ちになりますが、

我が家を建築した時の意地悪を考えると。。。

 

我が家の私道は公道から25mぐらいあります。道路幅は3.5mです。

それを家が完成した後に全て舗装を直したのです。すごい金額でした。

それまではボコボコしていた私道を綺麗にして、近隣の道路側のコンクリートまで

直すことを強制され。。。散々な目にあいました。普通はこんなことはありません。

 

さて。。。どうしましょう? なぜか私の休みの日に土地家屋調査士が来るようですが。。。

どういう答えを出すかは次回のブログでご報告しますね。

 

次回WEBセミナーは

613日(土)PM15:00スタートさせていただきます。

今回は経験に基づいたお話をいたします。毎回WEBセミナーは異なるテーマで

お話をさせていただいております。何回でもご参加ください。

ZOOMを使って行います。すごく簡単です。スマホでも視聴できます。

ご予約を頂いているお客様に当日の朝、URLをお送りいたしますので、時間になったら

ご入室頂ければと思います。

WEBセミナーで使用しています施工事例は最新の物になっていますので

とても参考になると思います。

 

※アンケートに答えて頂きますとプレゼントを用意しております。

 

お申し込みは、相談会予約フォームからお気軽にお申し込みください!

必ず『Webセミナー参加希望』と記載してください。
WEB相談会もご希望の場合は『WEB相談会希望』と必ず記載をよろしくお願い致します。

私がこのブログを書いてます

TJP_180profile

はたらくおうちの営業担当、「たちみえ」こと達美恵子。
お客様の賃貸併用住宅購入を、手取り足取りサポートさせていただいています!

私の自己紹介は こちら です!